ピンクハート運動

乳房再建推進活動

ピンクハート運動
乳房再建の推進

ピンクハート運動の推進

illustration_05

私たちは乳がんになり乳房の切除という切なく厳しい現実を前にしなくてはなりません。しかし、再建についてあまり知られていない為に、まだまだ受けられる方が少ないのです。

そこで私たちは乳房再建がもっと身近になるように、
乳房再建を「ピンクハート」という言葉にして
社会的な認知を広めていきたいと考えています。

乳房再建手術

乳がん手術によって損なわれた乳房を元に戻すために行う形成外科手術です。
乳房再建手術の方法には大きくわけて
「自家再建法」と「インプラント法」があります。

Q.自家再建法って?
junbi_t A.自分のからだの組織(自家組織)を使って再建する方法です。
背中やお腹の筋肉と脂肪組織などを使って乳房に移植する方法が一般的です。
Q.インプラント法って?
junbi_t A.シリコン製の人工物を挿入して再建する方法です。
胸と皮膚の筋肉を拡張するエキスパンダーを併用することが一般的です。
Q.いつどのように行えばいいのでしょうか?
A.「乳房再建手術」は望む時に行うことができます。
手術を行うタイミングには「一次再建」と「二次再建」があります。
手術のタイミングや方法は患者さんの状況によって異なります。
Q.一次再建法って?
A.乳がん手術と再建手術を同時に行い1回の手術で完成させる「一次一期再建」と
エキスパンダーを使用後に完成させる「一次二期再建」があります。
Q.二次再建法って?
A.乳がん手術後、一定期間をおいてから行い、1回の手術で完成させる「二次一期再建」と
エキスパンダーを使用後に完成させる「二次二期再建」があります。

※それぞれに長所と短所があります。信頼のできる医師のもとで十分な説明を受け、納得のいく「乳房再建手術を受けてください。

乳頭、乳輪の再建

乳がん手術で乳頭乳輪を切除した場合でも再建することが可能です。

Q.乳頭再建にはどんな方法があるの?
A.反対側の乳頭の一部を移植したり、再建した乳房の皮膚を立ち上げる方法などがあります。
Q.乳輪再建にはどんな方法があるの?
A.足の付け根の色の濃い部分を移植したり、入れ墨(タトゥー)で着色する方法があります。

反対側の乳房について

反対側の乳房が小さい時や、しぼんだり垂れ下がったりしている時は、再建した乳房に合わせて直すことができます。(保険適用外)

Q.どんな方法があるの?
A.インプラントやヒアルロン酸を注入する豊胸手術や、垂れ下がった皮膚を切り取ってつり上げる吊り上げ術、乳房が大きく下がっている時は、乳腺や皮膚を切り取って小ぶりにする縮小術があります。

再建以外にも方法があります

患者さんによっては外科的な手術を伴う乳房再建手術までは行わない方もいらっしゃいます。
そうした方が温泉旅行などで一時的に装着することができる人工乳房があります。

Q.どんなものなの?
A.反対側の型をとり、精巧で緻密に再現されたシリコーン製の乳房です。
接着剤を用いて簡単に装着することができ、温泉にも気兼ねなく入ることが可能です。

ピンクハート運動 活動紹介

junbi_t

女性セブンに掲載されました!

お問い合わせはこちら

お問い合わせバナー

  

Return to Top ▲Return to Top ▲